インテリアグリーンを上手に取り入れるコツとは

インテリアグリーンを上手に取り入れるコツとは

 

ステイホーム期間中、中々外出することができなかったため、お部屋の観葉植物や花に癒され、ベランダや庭で野菜を育てるようになった人も多いのではないでしょうか。

私は植物はすぐ枯らしてしまうタイプなので、植物を購入することに少し臆病になっていたのですが、今は鉢植えだけではなくいろいろなタイプの観葉植物があるようで少し興味が湧いてきました。

グリーンを上手に取り入れ、お部屋を素敵に飾るコツを探ってみましょう。

 

 

  • あれこれ飾らずシンプルに

あれこれ飾らず、シンプルなグリーンが心を癒してくれる

生命力を持っているグリーンは、あれこれ盛り込むよりシンプルに飾るのが一番。

欲張らず、間や余白を大切にして飾ってみましょう。

 

 

 

  • 上から垂らして、空間に広がりを

棚にグリーンを垂らして空間を軽やかに

壁や天井は殺風景になりがち。そこにグリーンを飾るとパッと目を引きます。

 

 

  • 家具と一緒に小さな鉢植えを

小さなグリーンは、家具のアクセサリーとして

テーブルやチェストの上に置くだけで、インテリアがぐっと引き立ちます。小さなグリーンならあえて個性的な葉形や根のものにチャレンジしてみてもいいかも。

 

 

  • グラデーションが作れる寄せ植え

寄せ植えは小さな森のように、日常をクールダウンさせる

一鉢に数種類の植物を植えると、緑や葉形のグラデーションが生まれ、まるで小さな庭園や森のような印象に。

自分なりの一鉢を作ると、より一層の愛着が湧くかもしれません。

おすすめの植物

 

 

 

いかがでしたか?

インテリアグリーンと呼ばれる室内用の観葉植物は、自然の力できれいな空気を作る「空気清浄効果」や、湿度をほどよく保つ「保湿効果」など、私たちにとって過ごしやすい環境を作り出してくれる、まさに癒しの存在といえるでしょう。

色々調べてみて、私もインテリアに取り入れてみたいと感じました!

皆さんも是非実践してみてください!