コーヒーテーブルの歴史

コーヒーテーブルの歴史

コーヒーテーブルの歴史

 

皆さんコーヒーテーブルってお家にありますか?

私、実はインテリア関係の仕事をするまでコーヒーテーブルって聞いたこともなかったんです・・・

ネットで調べてみるとコーヒーテーブルってこういうものみたいです。

 

「ソファなどでくつろぎながら、コーヒーや紅茶を飲みたい。そんな希望から誕生したのが、その名のとおりコーヒーテーブル。リビングのソファのすぐ側に置かれる細長いテーブルで、「コーヒーテーブル」という呼び方は、主にはアメリカで使用されている。多くの国ではティーテーブルと呼ぶ。
高さは、40cm前後でソファに座った状態で使用するテーブルとして程よい高さに設定されている。23人のコーヒーや紅茶、あるいはお菓子などを乗せる程度の大きなものや、移動させやすいようキャスターが付いているものもある。」

 

なるほど。

つまり私たちがカフェなどで特に意識もせずに使っていた、ソファと一緒に置いているテーブルはコーヒーテーブルだったってわけですね。

知らず知らずのうちにコーヒーテーブルは私たちの身近な存在になっていたようですね。

 


勿論、ENTfurnitureにもおすすめのコーヒーテーブルがありますよ!

 

・オーク材 コーヒーテーブル 収納タイプ 101,200

https://ent-furniture.com/collections/table/products/t-007

 

 

・コンクリート×メタル コーヒーテーブル 173,800

https://ent-furniture.com/collections/table/products/t-006

 

 

どちらも個性的で、ほかのブランドには無いデザインが特徴です!

ENTfurnitureのコーヒーテーブルで素敵なカフェタイムを楽しんでみませんか?

ブログに戻る