絶対に失敗しない椅子選びのコツとは?

絶対に失敗しない椅子選びのコツとは?

一言で「椅子選び」と言っても用途によって選ぶポイントが全く違います。椅子には30種類以上もの種類があり、形だけでなく素材やサイズ感も様々なので、何を基準に選べばいいのか困ってしまいますよね。さらに椅子は一度購入すると長く使い続けることがほとんど。椅子選びに失敗して結局買い直すなど、後悔した人も少なくありません。
今回は、絶対に失敗したくないあなた向けに、椅子選びのコツをご紹介します。

 

椅子選びのコツ

どんな椅子を選ぶ時でも今から紹介する椅子選びの4つのコツを抑えておけば失敗せずに購入することができます。この記事を読みながら、事前に椅子を選ぶための準備をしておきましょう!

椅子選びのコツ1:用途を明確にする

椅子選びのコツ2:用途にあった椅子を選ぶ

椅子選びのコツ3:事前にサイズを図る

椅子選びのコツ4:用途にあった素材を選ぶ

今からこの4つのコツを解説していくので、「自分が購入したい椅子はどうだろう?」とこれから購入する椅子に当てはめて考えてみてくださいね。

 

椅子選びのコツ1:用途を明確にする

まず椅子を購入するときには「どんなシーンで使うのか?」を明確にしておくことが大切です。用途を明確にせずに椅子選びを始めてしまうと、色んな椅子に目移りしてしまい、結局どんな椅子が欲しいのかわからなくなってしまいます。
「ご飯を食べるために使いたい」「ゆっくりテレビを見るときに使いたい」「読書をするときに使いたい」等、椅子を使うシーンは多様です。
他にも、1人で使う椅子なのか?家族全員で使うのか?といったように、誰が使うのかも重要です。使用するシーンによって選ぶべき椅子が変わるので、事前に使用するシーンのイメージを考えておき、用途を明確にしておきましょう。

 

椅子選びのコツ2:用途にあった椅子を選ぶ

代表的な椅子といえば

・ダイニングチェア:食事をするときに使う椅子

・オフィスチェア:仕事をするときに使う椅子

・イージーチェア:楽な姿勢でくつろぐ1人用の椅子

・スツール:背もたれや肘掛がないシンプルな椅子

・1人掛のソファ:1人用のソファ

・2人掛のソファ:2人用のソファ

・3人掛のソファ:3人用のソファ

・カウチソファ:足を伸ばし寝転ぶことができるソファ

等があります。


ご飯と食べるときに使うのであれば「ダイニングチェア」で、ご飯が食べやすいように「高さ」がある椅子が望ましく、机との相性もポイントになります。ゆっくりくつろぐために購入するなら「ソファ」ですよね。ソファにも座る面積が広いカウチソファや、足がなくて高さがないローソファなどがあります。例えば、同棲を始めパートナーと一緒に住んでいるなら、二人が寝ても狭くないようにL字型のカウチソファを購入しテレビの前に置くのもいいでしょう。休日や仕事終わりの夜などリラックスする時間の大半をカウチソファの上で過ごすので、用途にぴったりのソファを購入すると満足度が高まります。

 

椅子選びのコツ3:事前にサイズを測る

「どんなシーンで使うのか」「どんな椅子がいいのか」が大体決まったら、次にサイズを測りましょう。とはいえ、椅子を買うのが初めてだと「どこのサイズを測っておけばいいの?」と迷ってしまいますよね。例えば、カウチソファを購入するときは、配置する場所を想定して、壁の長さと天井までの高さを測ります。購入する前にカウチソファの高さ幅を全て測り、部屋に置けばどこまで占領するのかを事前にチェックしましょう。窓際にソファを置きたい時、窓の幅が200cmで150cmのソファを置いてしまったら、残りの50cmで窓の出入りをすることになってしまいますよね。さらに、机との距離もどれくらいがいいのか測っておきましょう。

下記を参考にしてください。

・椅子のことを優先的に考えたときの最適な座面高 = {身長÷4}1

・作業や食事がしやすい椅子とテーブルの間 = {身長×0.55}÷3

 

椅子選びのコツ4:用途にあった素材を選ぶ

椅子の素材も多様で、代表的なのは、布地・本革・合皮等があります。それぞれにメリットデメリットがあるので、用途にあった素材を選ぶのが大切です。例えば、布地であればカジュアルでコストが抑えやすい一方、ホコリやダニが溜まりやすく汚れが目立ちます。本革や合皮については汚れがつくにくい一方で通気性に欠けるためカビに注意が必要です。ダイニングチェアのように、食事に活用する椅子であれば汚れが目立たない、もしくは掃除しやすい素材がおすすめです。例えばカウチソファを選ぶ時は、リラックスできるように触り心地を重視した布地にしてはいかがでしょうか。最近では、カバーを外して洗えるものもあるので清潔に使い続けることができます。

 

まとめ

以上が失敗しない椅子選びのコツでした。今回紹介した4つのポイントさえ抑えておけば、椅子選びを失敗してしまうことはないでしょう。椅子は一度購入すれば数年~数十年も使い続けることがほとんどです。長く使うことで愛着が湧くモノでもありますよね。事前にしっかりと準備しておけば、満足できる椅子を購入することができます。

 

 

ブログに戻る